作成者別アーカイブ: massemasse

【開催報告】3/25(日)第12回まちなかゼミ「未来を形にするには」

2018年3月25日、第12回近江八幡まちなかゼミを開催しました。
今回は「未来を形にするには」をテーマに、NPO法人ETIC. Social Startup Accelerator Program『SUSANOO』のプロジェクトリーダー 渡邉賢太郎さんにお越しいただき、地域の若者たちを対象にレクチャーをしていただきました。

○開催概要
 【日 時】2018年3月25日(日) 13:30~16:30 (開場13:00)
 【会 場】「旧吉田邸」滋賀県近江八幡市多賀町758
 【参加費】無料
 【想定参加者】地域に暮らし、将来への問題意識を持っている高校・大学生、20代の若者
 【人 数】10~15人
 【テーマ】未来を形にするには
 【講 師】渡邉賢太郎氏
 (NPO法人ETIC. Social Startup Accelerator Program『SUSANOO』プロジェクトリーダー)

<内容>
 ■社会起業について
 ・社会起業における世の中のトレンド
 ・都市部と地方での社会起業の意義、違いなど
 ・西洋と東洋の文化の違い
 ■社会を変革するには
 ・スサノヲにおける社会変革の手法
 ・地域に本当に必要な人材とは
 ・自分自身に変化を起こすには
 ・コミュニティで変化を起こすには
 ・コミットメントを形にしていくには など

本事業は、近江八幡市委託事業「平成29年度 まちなかゼミ事業」の一環として、毎月1回程度外部からゲストを招いて意見交換をしたり、参加者から持ち込みでのテーマで意見交換を行ったりして来ました。
今年度最後のまちなかゼミでは、多くの社会起業家の支援をされてきたSUSANOOの渡邉賢太郎さんから、ご自身の活動を通じて考える「未来を形にするには」についてお話しいただきました。

 

 

今回の参加者は、高校生から大学生までの地域の若者たちが中心にご参加いただきました。

まずは一人ひとりの自己紹介からスタート。「2025年どんな仕事をしていたいか」について発表していただきました。

 

今回、渡邉さんからは参加者の皆さんの関心に合わせて、ちょっとだけ社会を俯瞰的に、長期的に見通して物事を考える視点をもつことの大切さについてお話しいただきました。

 

レクチャーでは、これまで過去4年間で150組のチェンジメーカーを支援や、二年間の世界旅行の経験など、多彩な経験をもとにソーシャルビジネスに関するレクチャーをしていただきました。

まだ働いた経験のない高校生や大学生にもわかりやすいお話で、あっというまに時間が過ぎてしまったゼミとなりました。

 

1年を通じて、地域課題や活動に関心を持つ一定のコミュニティが生まれつつあります。

次年度もまた引き続きこのような学びと意見交換できる場をつくっていきたいと思います。

【活動報告】3/10(土)「武佐学区居住環境点検活動」ワークショップ

2018年3月10日、近江八幡市主催の「第3回 武佐学区居住環境点検活動」ワークショップのファシリテーターで参加させていただきました。

超高齢社会対応のまちづくりについて学区単位で市民と一緒に検討する近江八幡市主催のワークショップ。東京大学高齢社会総合研究機構が運営するワークショップも今回で3回目。
地域社会の社会的・空間的生活環境基盤を「い・しょく・じゅう」の3つの階層で見直し、地域の方々からヒアリングしながら地域課題と解決策のあぶり出しを行ってきました。

普段、八幡学区に拠点があることから、となりの学区の深い情報までは知ることがなく、今回のワークショップを通じて歴史や自然特性、独自のコミュニティについて学ばせていただく機会となりました。
ありがとうございます。

【開催報告】2/24(土)地域資源活用塾(第2期)の成果発表会

2018年2月24日に、近江八幡市が主催する「近江八幡未来づくりキャンパス 地域資源活用塾」の第2期 成果発表会を開催いたしました。

 

まちづくり会社 まっせは、平成28年3月から近江八幡市や近江八幡商工会議所、安土町商工会、滋賀県立大学と連携し市内でのまちづくり人材育成事業として「近江八幡未来づくりキャンパス」の運営事務局を務めています。

昨年度に引き続き、平成29年度も近江八幡市が主催する「地域資源活用塾」の業務を受託し、事務局として企画から塾生の全般のコーディネート業務を担当させていただきました。

 

成果発表会では、第一部では塾生も含め50名を超える人が見守る中での成果発表を行い、第二部では塾生のプランの実現に向けた意見交換のワークショップを実施しました。

今後も引き続き、近江八幡でのまちづくりに携わるみなさんと連携しながら、地域活性化に向けて活動してまいります。

【活動報告】3/6(火)三重県多気町観光協会様の視察対応

2018年3月6日、三重県多気町観光協会・商工会から39名のみなさまが近江八幡の観光まちづくりの視察にお越しくださいました。

 

視察内容は、近江八幡市の観光まちづくりの取り組みについて、近江八幡市の文化観光課と一緒にご説明させていただきました。
質疑応答では、その他にも大学とのパートナーシップや他地域との観光に関する広域連携、まちづくり会社の役割と運営などについて意見交換を行いました。

 

まっせ の取り組みをご理解頂くと共に、会社全体がとても熱く、皆が一つの目標に向かって、全力で取り組んでいる素晴らしい会社だとのご意見を頂戴しました。

みなさま遠方より足を運んでいただきありがとうございました。

【活動報告】3/5(月)滋賀県立八幡商業高校「専門高校プロフェッショナル人材育成事業コーディネート委員会

2018年3月5日、滋賀県立八幡商業高校の「専門高校プロフェッショナル人材育成事業コーディネート委員会」にお招きいただき出席させていただきました。

八幡商業高校では、滋賀県が取り組む「専門高校プロフェッショナル人材育成事業」の受託を受け取り組んでいます。今年度が最終年度ということで、その成果報告を聞かさせていただきました。
また、八幡商業高校では、本事業と並行して文部科学省のSPH(スーパープロフェッショナルハイスクール)の指定校の認定を受け、企業の社会的責任(CSR)を全うするプロフェッショナル人材の育成にも取り組まれています。

 

今期で5回目となる「近江商人再生プロジェクト」は、高校生たちが実際に地域内での行商体験(訪問販売)や、他府県での販売実習にも取り組むことで、近江商人の商いの精神を座学だけでなく体験を重視する活動を行なっておられます。
単に企業利益だけでなく、社会全体の利益も考えられる人材育成を行うプロジェクトで、実践的でとてもおもしろい取り組みです。

また、委員会の中では、これらの高校生たちの地域活動に関するテレビでのニュース映像や特集動画も紹介していただきました。
生徒が自ら、仕入れから販売、会計処理の一連の業務を行い、夏に全国各地へ実際に行商を行い「産物廻し」に挑戦されています。昨年は27名の生徒が本プロジェクトに参加されたそうです。

このようなユニークな取り組みは、新聞各社にも取り上げられていたので、委員会の参加する以前から気になる活動の一つでした。
まっせが実施するワークショップやイベントにも八幡商業の高校生たちはいつも参加していただいてます。彼らは大学生や大人たち相手にいつも堂々とプレゼンもされています。
高校生たちが実際に地域での販売を通じてコミュニケーション能力を鍛えられてきたことを感じました。

また、委員会では、メディアには取り上げられない運営側の先生たちの熱意や働きについても知ることができました。学校として新しい活動をされる裏で一緒に伴走されている先生たちの理解と活動があるからこその成果なのだと思います。
引き続きプロジェクトをアップデートして取り組んでいかれるのを応援しています。

【活動報告】2/21(水)第3回 まちなか∞まちづくりセミナー

2018年2月21日、近江八幡市主催の「第3回 まちなか∞まちづくりセミナー」において、前回に引き続いてワークショップのファシリテーターとしてお招きいただき参加してまいりました。

 

◆概要
名称:第3回 まちなか∞まちづくりセミナー
日時:2018年2月21日(水)19:00〜21:00
場所:八幡コミュニティセンター
主催:近江八幡市総合政策部 政策推進課
テーマ:「坂井市三国の古民家を活用したまちづくり」
講師:一般社団法人三國會所 大和久米登 理事長

 

第一部のレクチャーでは、福井県坂井市三国町で湊町の歴史や文化を活かした地域づくりに取り組んで来た、一般社団法人 三國會所の大和久米登理事長から活動紹介がありました。
第二部のワークショップでは、第1回(1/24)第2回(2/7)に実施したワークショップで出た課題や資源、アイディアをもとに、まちなかのまちづくり活動の方針についてディスカッションを行いました。

 

三国町は、古来から三国湊を起点とする漁業や貿易によって反映して来た町で、異文化交流の歴史があり、西洋文化も入り込んだ特徴的なまちなみが今に残っているそうです。また、文人や詩人など多くの文化人も輩出して来た町でもあるそうです。
しかし、平成の大合併も行われ、市域が巨大になったことで様々な課題に直面しています。その一つが急速な人口減少だそうです。
三國會所さんは、街なみ環境整備に取り組んで来ており、歴史文化観光に力を入れてきています。町歩きガイドマップも取りまとめ、市民が主体的に地域の文化的景観をガイドする仕組みづくりに取り組んで来られたそうです。

 

ワークショップでは、八幡学区の白地図とポストイットを活用し、2つのテーマ「まちなかの歩行環境とまちなみづくり」と「同世代・多世代の交流づくり」でワールドカフェ形式でディスカッションを行いました。テーマを絞り、これまでの議論も共有した上で、さらに踏み込んだ地域課題のあぶり出しと、改善策を考える機会となりました。
2つのテーブルで八幡の課題といい点を出しただけでなく、三国湊の事例も取り入れながら意見を整理し、課題解決のアイデアが生まれていました。
今回のワークショップを通じて、文化をつなぐハブ人材の育成の必要性や、今あるもの(空き家や町家、お寺など)をオープンにしていくことが多世代交流の鍵ではないかという今後の課題も明らかになったワークショップでした。

 

【活動報告】2/19(月)地方創生セミナー 滋賀県の観光資源発掘に向けたセミナー・ワークショップ

2018年2月19日、近畿財務局さん、滋賀中央信用金庫さんからお声いただき、「地方創生セミナー 滋賀県の観光資源発掘に向けたセミナー・ワークショップ」の第2部ワークショップに参加させていただきました。

 

◆概要
名称:地方創生セミナー 滋賀県の観光資源発掘に向けたセミナー・ワークショップ
日時:平成30年2月19日(月)14:00〜17:45
会場:滋賀県立大学共通講義棟A2-202 大講義室
主催:滋賀県立大学COC+推進室滋賀中央信用金庫近畿財務局
参加者:約200名


◆プログラム
第1部 講演会等 14:00~15:40
①『お宝まちなみ、河五八(かごやん)!』
 制作:びわこ学院大学短期大学部 ライフデザイン学科キャリアデザイン 丸山ゼミ(1年生)
②『地元企業が行う地方創生の取り組み ~大津百町商店街 大津町屋ホテルプロジェクト~』
 講師:谷口弘和氏(株式会社木の家専門店谷口工務店代表取締役)
③『旅行会社の目線でみる古民家の活用方法と、河五八の活かし方』
 講師:中野 悠文氏(神姫バス株式会社 事業戦略部 地域マーケティング課長)
第2部 ワークショップ 15:50~16:50
・『地元の観光資源を活かすアイデアの実現に向けて』
・『古民家を活用したまちづくり』
第3部 交流会 17:00~17:45(参加費500円)

 

第1部では、昨年の滋賀中央信用金庫が主催で「君のアイデアが未来をつくる!!大学によるアイデアコンテスト」にて最優秀をとられたびわこ学院大学短期大学の学生による「お宝まちなみ、河五八(かごやん)!」というアイデアの発表がありました。
また、他にも民間の力で取り組まれている地方創生の事例2つの発表がありました。

第2部のワークショップでは、2つのテーマ「地元の観光資源を活かすアイデアの実現に向けて」と「古民家を活用したまちづくり」に別れてのグループディスカッション形式で進みました。
「地元の観光資源を活かすアイデアの実現に向けて」というテーマでは、第1部で発表された学生さんの提案を元に今後どう活かしていけるのか、地域のステークホルダーが集まってのディスカッションとなりました。
学生が提案された「河五八」とは、湖東の「伝統的建造物群保存地区」である彦根市【河】原町・芹町地区、東近江市【五】個荘金堂地区、近江八幡市【八】幡地区を結んで新しい観光コンテンツとする提案です。
これまでそれぞれの地域での伝建地区の保全活用の取り組みはされてきていましたが、今回は市域を超えての協力の可能性について意見交換する初めての試みとなりました。

今回のご縁をきっかけに、新しい地域を超えた伝建地区や文化財を活かした地域活性化の取り組みが継続していくことを期待したいと思います。

【活動報告】2/18(日)サイクルツーリズムシンポジウム2018 〜また来たいと思う地域まるごとのおもてなし

2018年2月18日、輪の国びわ湖推進協議会主催の「サイクルツーリズムシンポジウム2018」のパネルディスカッションに、まっせマネージャーの田口が登壇させていただきました。

「サイクルツーリズムシンポジウム2018 〜また来たいと思う地域まるごとのおもてなし」

日時:平成30年2月18日(日)13:00〜16:30
場所:男女共同参画センターG-netしが 視聴覚室
参加:約30名
主催:輪の国びわ湖推進協議会、NPO法人五環生活、 歴史街道推進協議会


【基調講演】
 自転車がうみだす都市農村交流
 ~自転車の聖地プロジェクトが町とサイクリストにもたらしたもの~
  講師:ブラッキー 中島 隆章 さん
【事例紹介】
琵琶湖一周サイクリング大会実行委員会・自転車工房ふぃっと 代表 浦松 武司さん
びわ湖守山・自転車新文化推進協議会 理事 宮川 美紀子さん
輪の国びわ湖推進協議会 事務局長  佐々木 和之さん
NPO法人五環生活 代表理事 田中 将人さん
【ディスカッション】
  パネリスト:
   ブラッキー 中島 隆章 さん
   田口 真太郎 さん(まちづくり会社まっせ 事業マネージャー)
   藤本 芳一(輪の国びわ湖推進協議会 会長)
  コーディネーター:
   佐々木 和之(輪の国びわ湖推進協議会 事務局長)

 

基調講演では、京都美山で長年自転車を活かした地域活性化事業に取り組まれてこられたブラッキーさんから、ウィラースクール美山サイクルグリーンツアーなど、自転車を活かした地域デザインに関する多彩な取り組みについてご講話いただきました。

事例紹介では、県内で自転車事業に関わる4名の方がそれぞれの取り組みとこれからの自転車事業に対する思いについて発表がありました。

パネルディスカッションでは、コーディネーターの佐々木さんから「観光客と地域との関係性」に関するテーマの説明がありました。まず、近江八幡での自転車を活用したまちづくりのとりくみについてご報告させていただいたのちに、輪の国の藤本会長からドイツ視察における住民とサイクリストの関係について発表がありました。
その後、ブラッキーさんの美山での経験を中心に、地域や行政と一緒に取り組む自転車事業に関する話や経済効果、情報発信など様々な工夫や苦労話を共有させていただきました。
県内外の自転車に携わる方々にお越しいただき、まだまだその分野では未熟なわれわれの取り組みについてもいいご意見もいただきました。

ご参加いただきました皆さまありがとうございました。

【活動報告】2/17(土)自然と人間との共生フェスタin滋賀

2018年2月17日(土)、「自然と人間との共生フェスタin滋賀」にてプレゼンテーションとポスターセッションに出展させていただきました。
まっせからは、近江八幡の松明の保存継承に関する取り組みを報告させていただきました。

ポスターセッションでは、20団体によるポスターや活動紹介資料が展示され、一般参加者や出展者同士が意見交換する機会となりました。
ホールでのプレゼンテーションでは、「里山」「水環境」「くらし」の3つのテーマごとに合計10団体が発表されました。各団体12分間のプレゼンテーションと質疑応答で進行し、専門家の方々による講評がありました。県内外の多彩な取り組みを知る貴重な機会となりました。

これまで取り組んできた近江八幡の松明結の文化の継承活動について、ポスターやパンフレットなどを出展し、多くの来訪者の方に関心を持っていただける機会となりました。
ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。

【イベント概要】

「自然と人間との共生フェスタin滋賀」

趣旨:
滋賀県およびその周辺で⾃然と関わる団体等が、その成果を発表するフォーラムです。
約20の団体が事例発表として⼝頭発表やポスター発表を⾏います。
すでに活動されている⽅はもちろん、これから何か始めようとされている⽅も新たなつ
ながりや活動のヒントを得る場として是⾮ご参加ください。学⽣からシニアの⽅までど
なたでもご参加いただけます。

日時:平成30年2月17日土曜日 12:00〜18:00
場所:琵琶湖博物館 ホール・セミナー室
参加費:無料
主催:公益社団法人 国際花と緑の博覧会記念協会
共催:滋賀県立琵琶湖博物館
後援:農林水産省国土交通省近畿地方整備局環境省近畿地方環境事務局草津市

プログラム:
12:00 開場
13:00~17:00 事例発表会
ポスター発表
講評
花博記念協会助成事業審査委員
丸山 宏(名城大学農学部 教授)
林 孝洋(近畿大学農学部農業生産科学科 教授)
佐倉 統(東京大学大学院情報学環 教授)
須磨 佳津江(キャスター・ジャーナリスト)
永田 萠(イラストレーター・絵本作家)
鷲谷 いづみ(中央大学理工学部人間総合理工学科 教授)
17:00~18:00 交流会(発表及びパネル発表関係者)*要参加費

■発表団体(五十音順)
あわらの自然を愛する会(あわら市)
伊吹くらしのやくそう倶楽部(米原市)
NPO法人中池見ネット(敦賀市)
近江ウェットランド研究会(彦根市)
大川活用プロジェクト支援団体haconiwa(草津市)
琵琶湖博物館はしかけグループびわたん(草津市)
中生代植物研究会(福井市)
針江生水の郷委員会(高島市)
琵琶湖草津湖岸コハクチョウを愛する会(草津市)
琵琶湖を戻す会(大阪市)
ぼてじゃこトラスト(大津市)
モンゴル森林再生促進研究会(草津市)
結いの里・椋川(高島市)
ヨシでびわ湖を守るネットワーク(愛知郡)
龍谷大学里山学研究センター(京都市)
文化遺産としての松明を次世代へ贈る会(まちづくり会社 まっせ)(近江八幡市)
Ritree (立命館大学生命科学部自主ゼミ団体)(草津市)
琵琶湖博物館フィールドレポーター(草津市)
特定非営利活動法人ウエットランド中池見(敦賀市)
びわ湖の森のようちえん~滋賀ネットワーク~ (大津市)

【活動報告】2/10(土)近江八幡市未来づくりキャンパス 地域資源活用塾day4

近江八幡市主催の「近江八幡市未来づくりキャンパス 地域資源活用塾」第4回目の講座を開催しました。

日 時:平成30年2月10日(土)13:00~17:00
場 所:安土コミュニティセンター
出席者:21名
プログラム:
1.チェックイン 13:00~13:15
2.「中間報告」各グループ発表 13:15~14:45
3.休憩 14:45~15:00
4.講義&ワーク「資金計画づくり」 15:00~16:15
5.「成果発表会」に向けた準備 16:15~16:45
6.本日のまとめ・事務連絡 16:45~17:00

当日の詳細レポートは近江八幡未来づくりキャンパスのウェブサイトで公開しております。

2/24(土)には成果発表会を予定しております。
一般の方でもご参加のほう受け付けております。
多くの皆様にお会いできるのをお待ちしております。

【活動報告】2/7〜8 西の湖のヨシ刈り活動

2018年2月7日・8日の2日間、西の湖のヨシ刈り活動をしてきました。

 

近江八幡では1〜3月の時期にかけて西の湖周辺でヨシ刈りがおこなわれています。

毎年、地域内外の多くの企業や一般のボランティアの方々が西の湖のヨシ刈りに参加されています。

まっせでも毎年、西の湖近隣の未整備のヨシ地の刈り取り活動に協力させていただいています。

 

今回の2日間のヨシ刈りについて、7日はたねやグループが主催するヨシ刈り活動では、秋に開催している「たいまつフェス」で使うヨシを大学生や参加者と一緒に刈り取りと運搬作業を行いました。
そして、8日の近江八幡商工会議所 青年経営者会のヨシ刈りに参加し、未整備のヨシ地の刈り取り作業を行ってきました。

 

今回ヨシ刈りの活動を行ったのは、西の湖の浮島「権座」の南側の島。

こちらは数年前からヨシ刈りに取り組む場所ですが、まだまだヨシ原の管理が行き届いていない場所です。

白王町の方々のご協力で、参加者はみなさん船を使って移動し活動をしました。

近江八幡の水郷景観が今後も守られ、もっと良くなっていくよう引き続き活動していきたいと思います。

 

【お知らせ】2/24(土)近江八幡未来づくりキャンパス 地域資源活用塾「成果発表会」

近江八幡の地域課題解決に向けた新しい取り組みを応援する塾の成果発表会です。

 

◆趣旨

地域資源活用塾は、近江八幡市を舞台に特定テーマの事業計画づくりを通して、「学び」を「実践」に進化させられる地域のリーダーや社会起業家を育成することを目的に平成28年より開始した塾です。平成29年10月から約4ヶ月間、4つのチームで行ってきた活動の成果発表の場であり、新たな地域活動につながる第一歩となる発表会です。一人でも多くの皆さんのご参加をお待ちしています。

 

◆概要

日 時:2018年2月24日(土)13:30〜17:00(13:00開場)

会 場:ラ コリーナ近江八幡 たねやグループ本社内 フロア2

定 員:80名(参加無料)

申 込:2月19日までに下記宛に「お名前、所属、連絡先(E-mailまたはTEL)」をご連絡ください。

近江八幡未来づくりキャンパス事務局(まっせ内)
TEL:0748-47-2045
E-mail:info@massee.jp

【開催報告】1/28(日)ビワイチ! 自転車活用フォーラム2018〜文化的景観を活かした自転車観光の可能性〜

2018年1月28日、「ビワイチ! 自転車活用フォーラム2018〜文化的景観を活かした自転車観光の可能性〜」が開催されました。

 

前半は、県内各地域から11団体による「観光まちづくりと自転車活用」に関するポスタープレゼンテーションが行われました。

後半は、「近江八幡の文化的景観を活かした自転車観光とまちづくりの未来」をテーマに2名のゲストを招いてのディスカッションを行いました。

 


◆フォーラムの概要

1.開催趣旨

自転車で琵琶湖一周「ビワイチ」を楽しむ人が増加する一方、「長距離はちょっと」、「観光や食も楽しみたい」「地域を深く知りたい」という声も聴こえてきます。
本フォーラムでは、自然や歴史、食、魅力スポットと自転車をつなぐ各地の取り組みや、文化的景観を活かした自転車観光の取組事例を通して、自転車を活用した観光とまちづくりの可能性を考えます。

2.開催概要

日 時 :2018年1月28日(日)13:00〜16:30(開場 12:00〜)
場 所 :近江八幡市文化会館 小ホール (〒523-0892 滋賀県近江八幡市出町366番地)
内 容 :各地の活動紹介・ホスト地域の事例と考察
狙 い :自転車を活用した観光まちづくりの多様な展開を担うプラットフォームづくりを目指す
主 催 :滋賀プラス・サイクル推進協議会
共 催 :滋賀県,滋賀大学,(一社)近江八幡市観光物産協会、まちづくり会社(株)まっせ

3.タイムテーブル

12:00 – 13:00    開場
13:00 – 13:15    開会・挨拶
13:15 – 15:00    第一部 ポスターセッション「観光まちづくりと自転車活用」
15:00 – 16:25    第二部 トークセッション「近江八幡の文化的景観を活かした自転車観光とまちづくりの未来」
16:25 – 16:30    閉会
17:00 – 19:00    交流会(会費制)

4.当該事業は、以下の事業の一環として開催しています。

○平成29年度滋賀プラス・サイクル推進協議会 自転車利用の安全・安心環境構築に向けた研究業務
○平成29年度 文化庁 文化遺産総合活用推進事業

5.問合せ・申込先

滋賀プラス・サイクル推進協議会 サイクルツーリズムWG事務局(滋賀県 観光交流局ビワイチ推進室)
TEL 077-528-3746 FAX 077-521-5030 MAIL: biwaichi@pref.shiga.lg.jp