イベント

【活動報告】2/17(土)自然と人間との共生フェスタin滋賀

2018年2月17日(土)、「自然と人間との共生フェスタin滋賀」にてプレゼンテーションとポスターセッションに出展させていただきました。
まっせからは、近江八幡の松明の保存継承に関する取り組みを報告させていただきました。

ポスターセッションでは、20団体によるポスターや活動紹介資料が展示され、一般参加者や出展者同士が意見交換する機会となりました。
ホールでのプレゼンテーションでは、「里山」「水環境」「くらし」の3つのテーマごとに合計10団体が発表されました。各団体12分間のプレゼンテーションと質疑応答で進行し、専門家の方々による講評がありました。県内外の多彩な取り組みを知る貴重な機会となりました。

これまで取り組んできた近江八幡の松明結の文化の継承活動について、ポスターやパンフレットなどを出展し、多くの来訪者の方に関心を持っていただける機会となりました。
ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。

【イベント概要】

「自然と人間との共生フェスタin滋賀」

趣旨:
滋賀県およびその周辺で⾃然と関わる団体等が、その成果を発表するフォーラムです。
約20の団体が事例発表として⼝頭発表やポスター発表を⾏います。
すでに活動されている⽅はもちろん、これから何か始めようとされている⽅も新たなつ
ながりや活動のヒントを得る場として是⾮ご参加ください。学⽣からシニアの⽅までど
なたでもご参加いただけます。

日時:平成30年2月17日土曜日 12:00〜18:00
場所:琵琶湖博物館 ホール・セミナー室
参加費:無料
主催:公益社団法人 国際花と緑の博覧会記念協会
共催:滋賀県立琵琶湖博物館
後援:農林水産省国土交通省近畿地方整備局環境省近畿地方環境事務局草津市

プログラム:
12:00 開場
13:00~17:00 事例発表会
ポスター発表
講評
花博記念協会助成事業審査委員
丸山 宏(名城大学農学部 教授)
林 孝洋(近畿大学農学部農業生産科学科 教授)
佐倉 統(東京大学大学院情報学環 教授)
須磨 佳津江(キャスター・ジャーナリスト)
永田 萠(イラストレーター・絵本作家)
鷲谷 いづみ(中央大学理工学部人間総合理工学科 教授)
17:00~18:00 交流会(発表及びパネル発表関係者)*要参加費

■発表団体(五十音順)
あわらの自然を愛する会(あわら市)
伊吹くらしのやくそう倶楽部(米原市)
NPO法人中池見ネット(敦賀市)
近江ウェットランド研究会(彦根市)
大川活用プロジェクト支援団体haconiwa(草津市)
琵琶湖博物館はしかけグループびわたん(草津市)
中生代植物研究会(福井市)
針江生水の郷委員会(高島市)
琵琶湖草津湖岸コハクチョウを愛する会(草津市)
琵琶湖を戻す会(大阪市)
ぼてじゃこトラスト(大津市)
モンゴル森林再生促進研究会(草津市)
結いの里・椋川(高島市)
ヨシでびわ湖を守るネットワーク(愛知郡)
龍谷大学里山学研究センター(京都市)
文化遺産としての松明を次世代へ贈る会(まちづくり会社 まっせ)(近江八幡市)
Ritree (立命館大学生命科学部自主ゼミ団体)(草津市)
琵琶湖博物館フィールドレポーター(草津市)
特定非営利活動法人ウエットランド中池見(敦賀市)
びわ湖の森のようちえん~滋賀ネットワーク~ (大津市)