西の湖廻遊路

冬にしか会えない鳥たち                    2013年12月19日

小雨のなか市民自然観察会の「野鳥観察会」に参加させていただきました。

西の湖岸には200羽の水鳥が飛来していました。
かっこいい茶色の帽子を被ったような模様、美しい背中羽のとても美しい姿のヨシガモや、
オオバン・ヒドリガモは、仲良く水草を食べたり、一緒に飛んだり、泳いだりとても和やかな水辺の風景でした。

湖岸を移動しているとき、頭上に悠々とした姿を見せてくれたチュウヒは脚、翼や尾も長めでスマートな体系でじっくりとその姿を観察させてくれました。とにかくラッキーな時間でした。

1月のツアーは第2回西の湖回遊ツアー
「初めてのバードウォッチングツアー 冬の鳥を探そう」を開催します。
繁殖地のシベリアから何千キロもの距離を、命がけの旅をしてやってくる冬鳥たちにぜひ会いに来てください。