イベント

【イベント】「八幡商家 季節の着物展 —夏—」@近江八幡市立資料館・旧西川家住宅

近江商家の女性は、どんな着物で暑い夏を過ごしたのか。
そんな商家の服装文化を紹介した「八幡商家・季節の着物展―夏―」が、
近江八幡市立資料館の一つ旧西川利右衛門家住宅で開かれています。
資料館には、市内から寄贈された約六百点余りの着物を所蔵保存しており、
現代では見ることが少なくなった着物と人々の生活の関わりを知る貴重な資料となっています。
着物は帯で締めることから暑い夏時期の着用を敬遠されがちですが、
着物が主流だった昭和初期ごろまでの商家の女性たちが着こなした代表的な夏服としての着物七点を選び展示しています。
入館料一般500円、
小・中学生300円
月曜日休館。開館時間は午前9時から16時30分まで(入館は16時まで)。
お問い合わせは近江八幡市立資料館 旧西川家住宅まで(TEL0748―32―7048)へ